ごぼう茶

ごぼう茶の効能|ダイエットへの効果や作り方を解説!

便秘解消に効果的なごぼう茶。実は美容やダイエットにも嬉しい効果があったのです。当サイトではごぼう茶の効能や一日に必要な摂取量、レンジで簡単にできるごぼう茶の作り方などを紹介しています。

ごぼう茶の効果や効能は?ダイエットにも効果的なの?

「ごぼう茶を飲むことにより得られる効果・効能とはどのようなものがあるのか」
料理にも使われるごぼうから作られたお茶がごぼう茶です。

このごぼう茶には、どのような効果・効能が期待されるのでしょうか。
まず、ごぼうに含まれているサポニンには、脂と結びつき、余分な脂の分解・排泄を促すという効果を期待することが出来ます。

そのため、ダイエット効果や動脈硬化の予防などの健康効果も期待することが出来ます。

さらに、サポニンには朝鮮人参に含まれる成分であるジンセノイドと同じ効能があるとされており、滋養強壮作用も期待することが出来ます。

そして、利尿作用やムクミ解消などを期待されるのが、イヌリンという成分です。

サポニンとイヌリンの働きにより、カラダの冷えを解消することが出来るとされています。

美容やダイエットにおいて、カラダの冷えは大敵と言えますのでこれを解消することで効率よくダイエットをすることが出来ると考えられます。

ごぼう茶は医薬品ではありませんので、摂取量が決まっているというわけではありませんが、過度に飲み過ぎてしまうと下痢などの症状があらわれる可能性がありますので、体調に合わせて飲む量を加減するように心掛けましょう。

ごぼう茶

ごぼう茶は一日に飲む量はどのくらい?飲み過ぎるとどうなるの?

「美容やダイエットに効果的とされるごぼう茶の1日の摂取目安量はどの程度なのか」 ごぼう茶はその名の通りごぼうを乾燥させ、煮出したお茶です。

医薬品ではありませんので、一日の摂取量が明確に決められているという事もありませんので、体調に異変が見られなければいくらでも飲んでも良いと言えます。
しかし、飲み過ぎてしまうと、お腹がゆるくなる可能性がありますので、注意が必要です。

また、一度にたくさんの量を飲んだからと言って、効果・効能に変化が見られるということはありませんので、飲み過ぎは防ぐようにしましょう。

ごぼう茶の一日の摂取目安量としては、コップ2杯から3杯程度でしょう。

継続して摂取するということが大切ですので、飲み過ぎには注意し、一日に数回に分けてこまめに飲むようにすると良いでしょう。

体質によっては、アレルギー症状が出る可能性もあります。
アレルギー体質であるという場合には、まずは病院を受診し、アレルギー検査を受けるようにしましょう。

また、ごぼう茶を飲んで体調に異変が見られた場合には、飲む量や回数を減らすようにするなどの対策をとるようにすることが大切になります。
ごぼう茶は、美味しく楽しむようにしましょう。

ごぼう茶

電子レンジを使った簡単な作り方を教えてください。

今、ひそかなブームになりつつあるごぼう茶の、電子レンジを使った簡単な作り方をご紹介します。

ごぼう茶は買うと意外に高くなりますので、簡単な作り方を学んで、ぜひ節約を目指したいところですね。

用意する材料は土のついたごぼう1本。
ただし、皮ごと使うものですので、できれば無農薬の国産ごぼうが望ましいですね。

土が残りすぎていると味にえぐみが出ますので、ごぼうはたわしなどで擦ってよく土を落としますが、皮の付近は非常に栄養価が高いので、皮がむけてしまわないように気をつけてください。

洗ったごぼうは薄くできるようにピーラーを使い、ささがき状にしていきます。
v むいたごぼうは、他の料理に使うときのように、水にさらす必要はありません。

そのまま、クッキングペーパーを敷いたレンジに、なるべく重ならないように薄く平らにして、3分ほど加熱しましょう。

終わったらひっくり返し、また加熱です。
それを、ごぼうがカサついてくるまで繰り返し、水が抜けてきたら取り出して冷まします。

熱が取れたら、油を敷かない中火のフライパンで、10分以上よく炒り、ごぼうがパリパリになったら完成です。
あとは他のお茶と同じようにいれてください。

以上、低コストで手軽にでき、体にもよくて美味しいごぼう茶の、レンジを使った簡単な作り方でした。

電子レンジ

関連サイトの紹介

管理人が運営している姉妹サイトです。

便秘のに効果のあるお茶の情報に特化した専門情報サイトです。

このサイトでは便秘の解消につながる、いろいろなお茶の情報を紹介しています。

特に女性に便秘に悩まれている方が多いのですが、女性にやさしいのが「お茶」による便秘の解消法です。

興味のある方は、ぜひご訪問ください。

おすすめの記事は、「便秘のお茶って市販されてないの?」です。ぜひお読みください。

関連記事

カロリーを消費しやすい痩せ体質に変化させることで?NEW
まともなダイエット方法とは?NEW
口コミでも話題のダイエットサプリメントとは?
生きるために必要不可欠な食事により身体に取り込んだカロリーは?
緑豆などから採れるデンプンが原料の春雨は?